れのログ(仮)

自分のブログやツイートが新しい音楽との出会いになれば嬉しいです。 【好みの音楽】→くるり/サカナクション/吉澤嘉代子/はっぴいえんど/ハロプロ/WACK...etc

最もスケベな曲。星野源「ドラえもん」感想。

スポンサーリンク

 

 

僕が初めて星野源の歌に興味を持ったのはドラマ「11人もいる!」でした。
毎回ドラマのワンシーンで短い弾き語りをされていて、それがすごく印象に残ったのを覚えています。

そこからSAKEROCKや「ばかのうた」などに興味を持って以降、ずっと聴き続けています。

ちなみに一番好きな曲は「老夫婦」。

 

閑話休題。

 

さてさて、完全に出遅れてしまい、語られ尽くしたであろう「ドラえもん」の感想を今更ですが書いてみようと思います。

僕のこの曲に対する印象は「また星野源がスケベなことやってる」でした。

 

星野源 - ドラえもん

www.youtube.com

映画「映画ドラえもん のび太の宝島」のために書き下ろされた星野源の新曲。

過去のドラえもん主題歌を見ても、ストーリーに沿った内容の曲ではあるけれど、ドラえもんには特に触れない、そんな曲がほとんど。
それが普通。というかノーマルでありデフォルトで、悪いということではない。むしろ映画の内容にシンクロしていて見事な曲ばかり。
最近の主題歌でぱっと思いつく曲のだと、BUMP OF CHICKEN「友達の唄」や、秦基博「ひまわりの約束」ですかね。

 

一方、星野源。
星野源特有のスケベなポイントが盛り沢山。

スケベその1<タイトル>

タイトルに「ドラえもん」とド真ん中ストレートに付けちゃう。
そんなところがなんとも星野源といった感じする。

こういった部分をさらっと、なんなく実行できるところがスケベです。

 

スケベその2<歌詞の内容>

歌詞にも、これでもかというほど随所にドラえもんの要素が散りばめられています。
僕がこの曲で中大好きな歌詞が冒頭のこの部分。

少しだけ不思議な 普段のお話

藤子・F・不二雄がSF(サイエンス・フィクション)を「少し不思議」と解釈していたことは有名な話です。

そういった、ささやかな逸話などを織り交ぜたり、歌詞で登場人物を匂わせたりしつつ、最後にドラえもんで締めくくる。この歌詞の構成が本当に見事。
ドラえもん以外の登場人物は直接は出てこないんですよね。そこがまたなんともいやらしい。

 

散々スケベスケベ言っていますが、ここで言う「スケベ」は他のアーティストなら普通は躊躇うようなことをスマートに洒落っ気を織り交ぜつつ、ぬくもりを込めて表現すること。そう、それこそが星野源という変態。

スケベな親戚のお兄さんが歌を歌ってくれている、といった感じ。
星野源の歌がいつもどこか懐かしく、可笑しく、そして優しく、寄り添ってくれていると感じるのはそのせいなんだろうな。なんて。

 

他にもこのアートワークの素晴らしさ。

ここ5年くらいで一番センスが溢れているアートワークだと思っています。
デザイナーの手腕と、星野源のドラえもんに対するリスペクトが肌で感じられます。

この曲、本当に素晴らしいです。

 

以上。ご拝読ありがとうございました。
Twitterもよろしくです。

 

ドラえもん

ドラえもん

  • 星野源
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

老夫婦

老夫婦

  • 星野源
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes