れのログ(仮)

自分のブログやツイートが新しい音楽との出会いになれば嬉しいです。 【好みの音楽】→くるり/サカナクション/吉澤嘉代子/はっぴいえんど/ハロプロ/WACK...etc

この曲は気軽に口ずさめるモノではない。米津玄師「Lemon」感想。

スポンサーリンク

3月14日発売の米津玄師の新曲。

youtubeでミュージックビデオが公開され、わずか1日足らずで300万回以上再生されています。すごい。 

アンナチュラルの主題歌で、その曲の入り方が秀逸とかで各所で絶賛されている。

ドラマ見てればよかったよほんと…。

 

 

ちょっとした考察

www.youtube.com

 

「死」をテーマにした本作。米津玄師流の鎮魂曲。
MV中では恋人との死別が表現されている。

 

教会で歌っている男性の周りを、目に見えない姿となった彼女が舞う。
その姿は呪詛のようでもあり、慰めにも見え、誰の目にとまることなく無音の叫びとなって虚しく消える。

他に注目なのが舞っている彼女と、参列する彼は「同じハイヒール」を履いている。

男性のハイヒールという一見、「お?どうした?」と違和感だらけの組み合わせだが、この演出が声にならない悲痛と空虚を演出していて恐怖、孤独感、寂しさ、虚しさが伝わってくる。

 

米津玄師さんは「Lemon」の作曲中に祖父様を亡くされている。

この曲を作っている最中にうちのじいちゃんが死んだんです。それで今まで自分の中で作り上げてきた『死』に対する価値観がゼロになった。結果、『あなたが死んで悲しいです』とずっと言ってるだけの曲になりました

rockinon.com』より引用

偶然にも2018年末、僕自身も同じ経験をし、この曲の歌詞がすごく胸に響いてくる。

夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにあなたのことを夢にみる
忘れた物を取りに帰るように
古びた思い出の埃を払う

 

MV逆再生について

MVの 00:10 〜 00:55 の女性のソロのダンス。
服の動き、髪の躍動など随所にすごく違和感を覚えないだろうか。

一応逆再生を試してみたのでぜひ。

この部分、みなさんはどう感じるだろうか。

 

こんなん気軽に口ずさめんやん。

 

2018年の顔となっている米津玄師の"Lemon"。

「異性に歌ってほしい歌ナンバーワン」にも輝いていたりしていたが、この人達はこの曲のバックボーンを知っているのかと問いたい。

間違ってもカラオケで”男性が女性を落とすための歌”ではないのである。

大切な人、あるいはだった人へ思いを馳せて聞くべき歌だと僕は感じた。

いやまあ、いとそれぞれ音楽の楽しみ方はあるけどね。僕もカラオケで歌うし。

 

だって、いい歌だもん。

 

Lemon

Lemon

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

Twitterのフォローもよろしくです。