れのログ(仮)

主に邦ロックについて書いています。【リリース情報】【おすすめバンド】なんかをあげています!

WACK所属アイドル別【BiSH,BiS,GANG PARADE,EMPiRE】に見る個人的おすすめ曲。

スポンサーリンク

 

ãWACKãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

WACK所属アイドル別【BiSH,BiS,GANG PARADE,EMPiRE】に見る個人的おすすめ曲をまとめてみようと思います。
浅い知識だけど頑張って書くよ。

 

WACKとは

BiSH,BiS,GANG PARADE,EMPiREのプロデュースをしている運営会社です。

渡辺淳之介全面プロデュース、松隈ケンタがサウンドプロデュースを手がけています。

クセの強いプロデュースで「ここまでやらせて大丈夫か?」なんてことが多々ある、ある種の問題児的なアイドル集団。

彼女たちのパフォーマンスと松隈ケンタ氏の素晴らしい楽曲が相まってアイドルファンよりロックファンが多い。と思っていたり。

フェスなどで名前を見かけることが増えてきてどんどんライブキッズを飲み込んでいっている印象ですね。

あんまり長々と書いて文章増えると直帰率が上がるから詳しくはWikiをご覧になってくれ。

各グループごとにおすすめ曲を2曲ずつご紹介します。
他にもいい曲がたくさんですが公式でMVが公開されているもののみ紹介させていただきますね!

それではどうぞ!

 

EMPiRE

ãempire wackãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

WACK期待の新星です。
4月11日にアルバムが発売されます。なんとカセットテープで。

結成から間もないにも関わらず、既存のWACKイズムを継承しつつ、もうすでに本人たちのカラーが出来上がっており、松隈ケンタ氏の曲をすごくかっこよく歌い上げています。

とにかく声も曲もいいです。
あと平均して顔面偏差値が高い。が油断してはいけない。彼女たちもWACKのオーディションを勝ち上がってきたツワモノということを忘れないように。

 

Black to the dreamlight

www.youtube.com

 

アカルイミライ

www.youtube.com

 

GANG PARADE

GANG PARADE

タワーレコードが主宰するT-PALLET records所属の7人組のアイドルグループ。

元BiSのカミヤサキを筆頭に、がむしゃらに前に進むパフォーマンスや、ダンスが特徴。

破天荒さが見え隠れするものの楽曲の振り幅が大きく、EDMからパンクス、スローな曲まで完璧にパフォーマンスされています。

キャッチフレーズの「みんなの遊び場」の言葉をそのまま体現しており、WACK所属のグループの中で最も自由な印象。
すごい。かっこいい。

 

▼交流のあるブロガーさんが詳しくまとめていらっしゃいますので是非。

バンドやアイドルにハマる理由について、一つの真理に辿り着いた話【GANG PARADEの下克上】

GANG PARADEのメンバーのコメントも交えた「GANG PARADE takes themselves higher!!」アルバム全曲の魅力を紹介

 

Beyond the Mountain

www.youtube.com

 

Plastic 2 Mercy

www.youtube.com

 

BiS

f:id:mtba:20180407111723p:plain

2014年に横浜アリーナで解散したBiSをもう一度始めるとして、渡辺淳之介がBiSを再始動させた。

オーディションでは、公開合宿オーディションにて24万人の視聴者を集めるなど、話題性には事欠かない。

一度の解散を経て、再結成したグループ。
旧BiSから台風の目であった「プー・ルイ」の卒業もありどうなることかと思ったが新曲に若干の物足りなさを感じつつもやっぱかっこいいなあと思ったり。

プールイ氏には泥水を啜ってでも歌っていてほしいところですが、現在はyoutuberとして活動されています。

▼こちらがチャンネルです。
BYS 新生YouTuber研究会 - YouTube

WHOLE LOTTA LOVE

www.youtube.com

DiPROMiSE

www.youtube.com

 

BiSH

ãBiSHãã¢ã¼åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

「BiSをもう一度始める」の一声にて、マネージャーの渡辺淳之介が2015年活動を開始。

楽器を持たないパンクバンドと称し、瞬く間に人気が上昇、わずか2年弱にて、Zepp TokyoをSOLD OUTするなど、枚挙にいとまがない。

WACKの顔。BiSHです。
一般露出もWACK所属のグループの中では1番多くタイアップ曲が増えており、お茶の間に完全に浸透するのも時間の問題。

各メンバーそれぞれに特出した才能がある奇跡のグループ。

ここだけの話、僕はアイナ・ジ・エンドの歌声に惹かれて聴き始めました。どうでもよかったですね。

 ▼新曲についても書いてます。

『3D彼女 リアルガール』のED「HiDE the BULE」歌詞、考察。 - れのログ(仮)

Nothing.

www.youtube.com

 

オーケストラ

www.youtube.com

 

番外編

BiS - FiNAL DANCE

www.youtube.com

 

BiS - DiE

www.youtube.com

 

SAiNT SEX - WACK is FXXK

www.youtube.com

 

屋上の空 - Buzz72+

www.youtube.com

 

まとめ

僕が初めて渡辺淳之介氏のプロデュースする音楽に触れたのは旧BiSのDiEでした。
色モノ扱いされたり、いろいろん世間を騒がせていた頃を見るとすごく大きくなったなあなんて思ったり。どの目線から言ってんだって話ですけど。

かくいう僕は生粋の「清掃員」や「遊び人」というわけではなく、単純に新曲が出たらチェックする程度の楽曲のファン。

ライブに参加し、生で体感することが最も大切な応援の形ではあると思うんですが、PCやテレビの画面越しで「いいなあ、他の曲も聴いてみよう。」なんて思う方のほうが大半なわけです。

そういう画面越しの僕らへも伝わってくる熱量をWACK所属のグループは全員持っているとそう思います。

紹介しきれなかった曲もプレイリストにして公開していますのでApple music加入済の方はぜひぜひ。

 

 

 Twitterのフォローもよろしくです。