れのログ(仮)

自分のブログやツイートが新しい音楽との出会いになれば嬉しいです。 【好みの音楽】→くるり/サカナクション/吉澤嘉代子/はっぴいえんど/ハロプロ/WACK...etc

"モーニング娘。'18"は日本一過小評価を受けているアイドル。

スポンサーリンク

f:id:mtba:20180514154435j:plain

モーニング娘。'18



 

どうも僕<@hotori_lp>です。

僕は以前からブログやTwitterでモーニング娘。について度々発言してきた。

こんな記事▼

・アイドルの過去メンを全盛期って紹介するのを今すぐやめろ。

・モーニング娘。12期 尾形春水、卒業するってよ

ここらで一度、モーニング娘。についてまとめて見ようと思う。

一般知名度の高い「黄金期(LOVEマシーンなど)」、パフォーマンスお化けだった「プラチナ期」はとりあえず言及せずに、世代が一気に変わった「新生モーニング娘。」について語ることにする。

 

※ファンではない方向けの記事です。

 

「モーニング娘。'18」のここがすげえ

ファン以外の方は、「LOVEマシーン」や「ハッピーサマーウェディング」あたりがもっとも馴染みの深い曲で、今のモーニング娘。に至っては「まだ活動してるの?道重さゆみ卒業まではギリギリ知ってるけど、もはや誰もメンバー知らないし」という方も多いだろう。

そんな方へ向けて、少しでも今の「モーニング娘。」のここがすごいぞってところをまとめる。
完全な主観だが魅力を語っていくから最後まで見ていただけると嬉しい。

 

つんくの書く「女性のどろどろした部分と本音」

一般的なアイドルの曲といえば、ポジティブでダンサブルでノリやすい曲が多い。
が、つんくの書く曲は、そんな一般的なアイドルが通常は歌わないような女性の本音の部分をストレートにドロドロした部分を表現することが多い。

 

Jealousy
綺麗になりたい
もてはやされたい
私の努力よ
私讃えて
Jealousy Jealousy

モーニング娘。'17 -「ジェラシージェラシー」

 

愛の意味も今要らない
知りたくもない
やっと明日は笑えるの
心から

モーニング娘。'17 -「邪魔しないで Here We Go!」

とまあこんな感じ。

女性ファンが多いのはこのあたりがひとつの要因なのかなーと思ったり。

もちろんそんなエッジのきいた曲ばかりが魅力なわけでもなく、非常にエモーショナルな歌詞もたくさん存在する。

 

若いんだし
無限だし
勇気がそりゃ必要な時も
あるだろが
結果を先に気にすんな

モーニング娘。'17 -「若いんだし!」

独特な言い回しが冴え渡っていて、このつんくの書く曲が好きで僕はモーニング娘。を聴いていると言ってもいい。

 

圧倒的ダンスパフォーマンスと歌唱力

新生モーニング娘。の魅力はこれにつきる。

新生モーニングのダンスについてはまずフォーメーションダンスが上げられるが、その一言で片付けてしまうのが非常におしい。

この「愛の軍団」をわずかでもいいので見てほしい。

 

 

全員の動きがシンクロし、なんと衣装の揺れ・髪の動きまで見事に一致している。

ちなみにレッスン時は、音は「0.1秒単位」体は「1ミリ単位」でフリを合わせているらしい。しかもライブではそのダンスをこなしながらの生歌。すごすぎ。

ライブ映像が公式でアップされていないため、リンクを貼れないのが非常におしいところ。

 

この曲のダンスも鬼のような難易度で、練習量を想像するとそれだけで頭が下がる。
音を消してみてもかっこいい。

個人的にモーニング娘。'18はプラチナ期をもう超えていると思う。本物。

 

あとはまあ…単純に「顔」

f:id:mtba:20180514154248j:plain

モーニング娘。'17

はい。みんなかわいい。

 

アイドルが憧れる"アイドル"

現在活躍中のアイドルの中にもモーニング娘。ファンは多い。

AKB48 指原莉乃であったり、BiSH リンリンなどなどなど。

タレントにもファンが多く、代表的なファン「女優:松岡茉優」に至ってはかなりの中毒者で、全く関係のないインタビューの中で出てきたワード「コーヒー」だけで「コーヒーといえば朝、朝といえばモーニング娘。」まで話を強引にモーニング娘。の方にまでもっていく。もはや伝統芸である。

 

ハロプロはライブアイドルなんだ

モーニング娘。に限らず、ハロプロの良さはライブ。握手会やビジュアルが第一ではない。

圧巻のパフォーマンスと生歌は他のアイドルのクオリティと比べれば頭3つ分くらいは抜き出ているすら思う。

誰をソロで歌わせても恥ずかしくないレベルにはメンバー全員の総合力が高い。

ライブ中にキレッキレの新生モーニング娘。のパフォーマンスの間に黄金期の曲が流れたりすると相当エモい。

いやもう公式でライブ映像アップしてくれよほんと。絶対人気でるって。

 

 

まとめ

少しでも新生モーニング娘。伝わればいいなと思いつつまとめに入る。

新生モーニング娘。は1年間のほとんどの時間をツアーで過ごし、ハードなパフォーマンスを昼夜2回に分けて、なおかつそれを連日に渡って行うこともある。

それでも、一切つらそうな面は見せない彼女らは本当にプロフェッショナルで、見ていると刺激を受けるし、がんばろうと思える。

過去のモーニング娘。が偉大でレジェンドなのは間違いないが、今のモーニング娘。も負けていない。商業的には負けていても、パフォーマンスの質は間違いなく勝っていると個人的には思う。

この記事を通して少しでも魅力が伝わって、「聴いてみようかな」なんて思っていただけたら嬉しい。

最新が最強と信じる僕がおすすめするアルバムは、昨年末に発売された「⑮ Thank you, too」。

今のモーニング娘。が全部つまっててすごくエモい。名盤です。