れのログ(仮)

自分のブログやツイートが新しい音楽との出会いになれば嬉しいです。 【好みの音楽】→くるり/サカナクション/吉澤嘉代子/はっぴいえんど/ハロプロ/WACK...etc

「カメラを止めるな!」を観て得た体験は今後二度と味わうことはないだろうなあ【ネタバレ無し・レビュー】

スポンサーリンク

f:id:mtba:20180909081215p:plain

 

おもしろいおもしろいと各所で話題の「カメラを止めるな!」先日ようやく見に行けましたので、ネタバレ無しで感想でも書いてみようと思います。

熊本では上映ヶ所が数ヶ所しかなくて苦労しました。本当にありがとうございました。

 

キャストが全員ほぼ無名(失礼)

悪いとは言わないけれど、やっぱりキャストありきで興行収入は決まると思う。有名な役者さんはそれだけいい演技する方も多いし。

でも有名であればあるほど、大体ストーリーの流れがわかっちゃうんですよね。「あ、この人なら犯人だな」とか。

そこでこの「無名」が活きる。

知らない役者さんばかりなのでストーリーの予想がまるっきりできない。

予期できないからこそのリアルがある。

 

発想の勝利

この「カメラを止めるな!」という映画。
制作費は300万円程度の自主制作並みの極低予算で作られている。

ちなみにこの予算じゃジュラシックワールドを1秒も撮れないそう。

 

なにが「おもしろい」のか

監督の「映画愛」が随所に溢れていて、まさに神は細部に宿るんだなあと思わされた作品。

見落とすくらいの本当に小さな伏線も見事に回収して上映中は鳥肌が立ちっぱなし。

これから先、この「カメラを止めるな!」以上におもしろい映画は出てくるとは思うけれど、この映画を観て得た体験・感想は二度と味わえないであろうと断言できる。

ぜひ、なんの知識や感想を見る前に完全に初見で観てほしい。